加害者側との示談交渉

人身事故に遭った場合、最も気になるのが示談交渉です。示談交渉では被害者が請求できる項目が定められているので詳しく確認しておきます。

示談交渉で被害者側が加害者側に請求できるのは、治療にかかった入院費・手術費・診察料などの「治療費」、入院した場合の日額で請求できる「入院雑費」、入院看護と通院看護に分けられる「付添看護費」、通院に際し利用した公共交通機関や自家用車利用時のガソリン代などの「通院交通費」、事故の為仕事を休む必要が出た場合の「休業損害」、事故による精神的苦痛に対する「慰謝料」、死亡事故や後遺症が残った場合に支払われる「逸失利益」、日常生活を送るに困難な障害が残った場合の「介護料」、死亡事故の場合の「葬儀費用」があり、実際に慰謝料や示談金を請求する場合には入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の合計で費用を算出します。

慰謝料に関しては被害者請求で行うこともできます。被害者請求は被害者側が自身で後遺障害慰謝料などを請求することで、保険会社の手続きや示談を待たずに慰謝料を受け取れるという利点があります。 さらに損害賠償金や示談金を増額させるポイントとして、自分の過失割合を下げる、物損賠償金を請求しない代わりに過失割合を「10:0」にするなどが挙げられます。

外部サイト[交通事故被害者の慰謝料・弁護士への無料相談 – 交通事故被害者救済サイト
→交通事故被害者の示談交渉・慰謝料請求の相談に乗っている弁護士のサイトです。