人身事故の定義と対応

どんなに車の運転に気をつけていても、事故に遭うことがあります。車の交通事故には物損事故と人身事故に分けられますが、物損事故と人身事故では対処法や罰則が異なるため、ここでは人身事故の定義や対応法について確認しておきましょう。

人身事故は車の運転中に交通事故を起こし、被害者側に怪我や後遺障害が発生したケースを指します。ただし自損事故や人的被害が発生しなかった物損事故は人身事故には含みません。次に人身事故に遭った場合の対処法を確認します。
人身事故被害日常生活で人身事故に遭ってしまった場合、すぐに警察に連絡して下さい。
人身事故においては「過失割合」が後々重要な意味を持つ為、警察が到着して現場を確認するまで相手側と残りましょう。
次に警察に「人身事故」として届出を出して下さい。
加害者側の中には「物損事故」として処理したがる方もいますが、少しでも怪我を負った場合は必ず人身事故として届け出るようにしましょう。
また加害者側の連絡先もしっかり確認しておきます。氏名・住所・連絡先(携帯電話番号)・車のナンバーなどを確認します。これは加害者側が任意保険に加入していない場合に示談交渉を直接行う為ですが、任意保険に入っている場合でも連絡先は把握しておきましょう。さらに現場の証拠写真を撮っておきましょう。人身事故の場合パニックのあまり記憶が曖昧になることもある為、「証拠」を残すという意味で写真を撮っておくことをおすすめします。
この時現場に目撃者がいた場合は連絡先などを聞いておきましょう。後に警察や保険会社との手続きで目撃者の証言が被害者側に優位に働くことがあります。また怪我を負い通院が必要となった場合には必ず毎回領収書を保管するようにして下さい。保険金や賠償金は被害程度によって変化する為、実際に治療にかかった費用を把握する為に重要なポイントとなります。

人身事故に遭った場合パニックに陥ることもありますが、冷静に対処することで後々の損害賠償金や保険金の支払額が大きく変わります。前述で紹介した対応方法の他に、加害者側との示談交渉時に気をつけたいポイントや人身事故における刑事処分と民事処分について別ページに詳しく纏めました。ぜひそちらも参考にして万が一の際に備えるようにしましょう。