刑事処分と行政処分

車を運転している限り、絶対に事故を起こさないという保障はありません。万が人身事故を起こした場合、相応の罰を受けなければなりませんが、人身事故の罰則には刑事処分と行政処分の2種類があります。

刑事処分とは事故を起こした場合に警察から受ける処分のことをさします。人身事故を起こした場合、被害者側が届出を出すと「人身事故」として処理されます。その場合警察から検察へと報告が行き、検察は現場検証を行い処分内容を決定します。刑事処分は事故の度合いにより異なり、治療期間が15日未満の軽傷事故から死亡事故まで7段階に分け、12万円から最大50万円の罰金刑と懲役刑や禁固刑の処分が下されます。また事故を起こして2~3ヶ月経つと検察庁から出頭要請が来て、事故に関して事情聴取される場合があります。事情聴取により処分内容を決める為、出頭要請が来た場合は起訴される確率が高いです。ただし数ヶ月経っても出頭要請が来ない場合は起訴猶予になった可能性があり、半年以上経っても出頭要請が無い場合は概ね起訴猶予と判断できます。

行政処分とは事故を起こした場合の免許停止や取り消しなどの処分のことをさします。警察ではなく公安委員会により処分され、処分内容は事故によって加算された点数により決定されます。加算点数は刑事処分の加点とは異なり、交通違反を行った基礎点数・事故の付加点数・事故の措置義務違反によって加算点数が決まります。刑事処分や行政処分の他に重罰を課せられるものとして、酒気帯び運連や横断歩道上を歩く歩行者への人身事故などが挙げられます。